介護ヘルパーの資格、介護職員初任者研修は役に立つといいますが

高齢の(92歳、84歳)の介護をして7年くらいになります。

知人は親を一人暮らしさせてるか、介護付き老人ホームに入れて夫婦で共稼ぎして2人で暮らしてる人が多く、自分で介護してる知人はいないので、自分が親を介護してると言うと、老人ホームに入れたほうが楽だとよく言われますが、何とかやってます。

介護ホームヘルパーの資格はとっておくと自宅での介護に役立つ内容が多くて勉強になっていいよ、という話もよく聞きますがなにせ時間がありません。
介護ホームヘルパーの資格 介護職員初任者研修は格安講座なら6万円程度で取れるんだとか。

興味はあるものの、今の私には時間の都合で無理なんですよね。
92歳の父は杖をつけば歩けるし徘徊や認知症があり、日曜以外は

ディーサービスにお願いし、帰ってくると、大変忙しいです。

84歳の母も認知症があり、手がかかります。

日曜日になるとディーサービスも休みなので、日曜日はとても忙しくかなりのストレスが生じます。

介護疲れで自殺した人もニュースで聞いてますが、よくわかります。
人はどんな立場の人でも年をとるし、老いるし、歩けなくなったり、寝たっきりになり、平等に死がやってきます。
介護疲れ
最近は病院で亡くなるよりも家で亡くなりたいと希望する高齢者が多くなり、訪問介護も忙しくなってきてるようです。
今まで育ててくれた親への恩返しの為、心身大変なことが多いですが、介護をしてます。

カテゴリー: 介護 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です